内部のレガシーアプリケーションからの移行
社内のコンピュータからクラウドベースのシステム
携帯電話を含むどこからでもアクセス可能
ビジネス成果に劇的な影響を与えることができます。


モノリシックレガシーアプリケーションをフレキシブルなクラウドベースのシステムに
近代化する理由とは?

First, Why Fix Legacy Systems if they aren’t Broken?

第1に、レガシーシステムが壊れていない場合になぜそれを修正するのですか?

それは常識的な質問です。 あなたのレガシーソフトウェアがまだほとんどのタスクを行うことができたら、それを変更してリスクを背負う、それを近代化するための時間、努力、お金を費やすのはなぜですか?

レガシーシステムから移動しない場合のオポチュニティコスト

失われるビジネスチャンス

現代のハードウェアとソフトウェアは、非常に多くの力を持ち、わずかな時間ででタスクを実行します。また、
レガシーシステムでは実行不可能なことを実行します。例えば、何が起こっているかについての新しい洞察を生成するなどです。
時間を節約し、情報に基づいた意思決定を行うことで、かつてないほどのビジネスチャンスを促進できます。

レガシーシステムの問題解決


さまざまなアプローチ

レガシーシステムが機能不全になったり重いセキュリティ上の脅威にさらされている場合、レガシーシステムを完全に置き換えるために、最新のシステムを最初から構築する方が良いかもしれません。 新しいシステムが信頼できると証明されるまで、2つのシステムを並行して実行することができます。

レガシーシステムが合理的に機能している場合は、重大な混乱を避けながら、これらを段階的に置き換えることができます。
しかし、これは、ビジネスプロセスの改善の可能性が活用されない可能性があることを意味する可能性があります。 新しいシステムは、同じ古いビジネスプロセスをサポートし続けるかもしれない。

システム近代化するための要件

既存のシステムの詳細な調査を行い、その機能と関連する相互関係を特定する必要があります。

現在の環境との関連性に応じて、保持する機能と変更する機能を決定し、
新しい技術によってもたらされる付加的な潜在性を表す。

最新のシステムの1つの機能は、はるかに優れたユーザーインターフェース/ユーザーエクスペリエンス(UI / UX)です。優れたUI / UXより生産性と作業品質が改善できる。近代化の過程でUI / UXを改善するチャンスでが高まります。

最新のシステムでは、APIを使用して機能の統合が可能です。APIを使用している、第三者のソリューションで多くの作業が可能であり、最初からやり直すことによって再構築するよりもこれらの実績のあるソリューションを統合するのがより安価で効果的です。

コンプライアンスの要件は絶えず増加しており、これらのすべてを対処するためにレガシーシステムが十分じゃない可能性があります(したがって、要件は手動で満たされる可能性があります)。現代化のプロセスで、これらの要件は新システムに組み込まれています。

12th Wonderでレガシーシステムの現代化

2012年に現代のシステムに精通した経験豊富なITプロフェッショナルのチームは、12th Wonderを立ち上げました。 チームは顧客が従来のアプリケーションをWebに移行するのを手助けしており、自動車業界向けのTITANやATD MANAGER、製薬代理店のWONDER HEALTH、真のローカリゼーションのためのLOCALIZER(翻訳だけでなく)などの製品も開発しています。

最近では、会社としてバックオフィス業務のコストを削減すると同時に作業の質を向上させるRPA(Robotic Process Automation)サービスを提供するための新しい部門を開始しました。

12th Wonderはカリフォルニアに本社を構え、日本、インド、アフリカには営業所を設立しています。

ITシステムの豊富な経験と最新の開発に精通しているため、12th Wonderはレガシーシステムの最新化を支援する理想的な立場にあります。

Your Name*

Your Phone*

Your Email*

Your Company

How can we help you?

Please send me the quote for the following Products/Services