Author Archives: Samurai



Samurai

RPAの落とし穴は何? どのようにこれらを避けられるのか?
UiPath(ユーアイパス) テクニカル ブログ 日本語, 日本

RPAの落とし穴は何? どのようにこれらを避けられるのか?

RPAの落とし穴は何? どのようにこれらを避けられるのか? RPAは、繰り返し、明確に定義された及びルールベースのアクティビティに最適です。 RPAの特定の重要な特徴を考慮しないことによって、企業はRPAの全面的な利益を達成できないことがあるかもしれません。 これらの特徴は以下のようです、 *作業ボリューム:自動化することで最も目に見える効率向上とコスト削減を達成するには、十分な量のアクティビティが必要です。 *安定性:自動化するアクティビティーには、実行されるステップのバリエーションがほとんどまたはまったくありません。 RPAはコグニティブ意思決定を扱っていないことを認識しておくことが重要です。 RPAベースのロボットは1つの仕事を行い、偏差なくそれをうまく実行します。 *一貫性:例外処理のための人間の介入が最小限(理想的にはゼロ)するために、アクティビティの複雑さを減らさなければならない。 *安定性:RPAロボットがインタラクト(対話)するアプリケーションは、安定したインタフェースを提供する必要があります。ただし、インタフェースが変更された場合、APIレベルの統合の場合よりもRPAソフトウェアがより簡単に迅速に更新されます。 企業内のビジネスプロセスが変更される可能性がある場合、RPAベースのソリューションは未完成である可能性があります。 同様に、それが割り当てられた従業員に依存する場合(例えば、時間の経過に伴って開発されたショートカットの使用、または次のステップになるべき個人的な直感の使用など)、複数の従業員の作業パターンを慎重に文書化して その後の自動化をコントロールする決定的なステップとする。 また、アクティビティがほとんど制御されていない第三者によって提供される外部アプリケーションとの対話が必要な場合、RPAベースのインターフェイスが脆弱になる可能性があります。 市場投入までの時間 12th Wonderで我々の経験によると、RPAを使用して適切でないタスクを実行すると、期待される効果を達成できない可能性があります。 検討せず選ばれた自動化プロジェクトの残念な結果の1つは、RPAの恩恵を受ける可能性のある他の価値あるプロジェクトが、期待していなかったことによってダメージを受ける可能性があります。 したがって、この技術を信用されるように、最初のRPAプロジェクトを慎重に選択することが重要です。

0
July 23, 2018
RPAは他のエンタープライズオートメーションソリューションとどこが違う
UiPath(ユーアイパス) テクニカル ブログ 日本語, 日本

RPAは他のエンタープライズオートメーションソリューションとどこが違う

RPAは他のエンタープライズオートメーションソリューションとどこが違う ソフトウェアソリューションとして、RPAはソフトウェアベースの自動化での以前のソリューションとは大きく異なる点があり、 ビジネス上のあらゆる問題に対して魔法の銃弾ではありません。 具体的な方法は以下のようです: .RPAは、ユーザーインターフェイス/エクスペリエンス(UI / UX)レベルでアクションを自動化します。 他のソフトウェアソリューションは、通常、より深いレベル(APIまたはワークフロー全体)で統合されます。 RPAソフトウェアの開発では、既存のアプリケーションやプロセス、またはUI / UXを変更する必要はありません。 .RPAは、UI / UXを介して実行されるバリエーションのない、大量かつ明確なタスクを実行するように設計されています。 そのようなタスクは、(重大な例外がない限り)人間の介入を必要としません。 また、これらのタスクは、プログラムされた一連のルールを超えて分析や判断を必要としない予測可能なステップに従う様に設計されています。 人間のような意思決定や解釈能力を加えることで、人工知能の分野へ転入します。これはRPAの将来の進化かもしれませんが、RPAが現在そこまで提供しておりません。 下の図は、RPAと従来のアプローチの違いを示しています。 図では、(A)構想は、ソフトウェアがプレゼンテーション層、ビジネスロジック層、データ層に分かれている従来の3層エンタープライズアプリケーションアーキテクチャを表しています。 (B)構想は記載のように、各アプリケーションは独自の3層ソリューションを作成し、エンドユーザーはそれぞれのプレゼンテーション層を介してそれぞれにアクセスします。 (C)構想では、より統合されたソリューションを作成するために、それぞれが公開するAPIを介して2つのアプリケーションの統合を示します。 これにより、新しいビジネスロジック層とプレゼンテーション層が作成されます。 ただし、RPAは(B)構想に示すエンタープライズアプリケーションには何らの影響もしません。 以下の図(D)に示すように、RPAは、(B構想)を介して行われた人間の活動を再現するソフトウェア層(「シム」)を提供する。 図(D)に示すRPAアプローチの利点は、エンタープライズアプリケーションが変更されないでそのまま使用すること出来ます。 これはfigure(C)と違います。ここでは、統合によって新しいUIで新しいアプリケーションが作成されます。 RPAソリューションに移行するコストは、(D)の「シム」を実装してテストするためにかかる費用だけです。 これらは、アプリケーションを統合するのに必要なものよりもかなり少ないと予想されます。 一方、アプリケーションの統合にはプログラミングスキルが必要です。 コードの実行ステップがビジネス担当者またはアクティビティに直接参加する人々によって作成されるため、RPAの開発はかなり簡単です。...

0
July 23, 2018
RPAは、保険ビジネスの救い主?
UiPath(ユーアイパス) テクニカル ブログ 日本語, 日本

RPAは、保険ビジネスの救い主?

RPAは、保険ビジネスの救い主? 保険ビジネスは、日常的に集中するビジネスです。 クレーム処理、保険料引受け、およびポリシークォートの生成は、すべて避けることができない大量かつ反復的なルーチンです。 これらのルーチンの負荷が大きいため、スタッフはタイムリーなカスタマーサポートを提供し、新しいビジネスを得るために十分な時間を費やすことができません。 ますます競争が激しい保険業界では、クレーム処理等を無視することが競争力に重大な影響を与える可能性があります。 競争の激化だけでなく、オンライン顧客の高い意識と期待によって、状況はさらに悪化しています。 この顧客は、異なる企業のオファーをWeb上で比較するだけでなく、よっくりと家から、企業が提供するサービスに関するレビューを読むことができます。 多くの企業は、これらの課題に対応するためにデジタルトランスフォーメーションを既に実施しています。 実際にはすべての企業がコンピュータを使用してビジネスプロセスのスピードアップと合理化を図っています。 しかし、従来のITはますます増大する課題に対処するには不十分であることが証明されています。 従来のITには、要件を詳細に調査し、これらを満たすシステムを設計し、システムを実装するためのコードを記述する必要があります。 これは時間のかかる作業であることだけではなく、作業が行われる今の方法に重大な混乱をもたらす可能性があります。 また、新製品の導入で規制の変更(ルールまたは条例)、新しいセキュリティ上の問題などにより、要件が絶えず変化している場合、事態が制御不能になる可能性があります。 このコンテキストでは、操作を深刻に中断することなく作業負荷を削減できる新しいソリューションが非常に重要になります。 ロボットプロセス自動化またはRPAがその解決策です。 保険業界のRPA RPAが保険でどのように使用されるかを見る前に、RPAの特徴と従来のITと比べてユニークな点について見てみましょう。 RPAはロボットプロセス自動化を意味します。 この場合のロボットは機械式ロボットではなく、コンピュータ内部のソフトウェアです。 これらのロボットは、人間のオペレータをシミュレートするために「訓練」することができ、今やっていることと同じように動作させることができます。 彼らは特定のルールに従うことができ、さらに *異なるバックエンドシステムのデータを集計する *指示どおりに計算を実行する *行動を開始する *下流の活動を活性化する ロボットは、作業中にルールを学習するようにプログラムすることもできます。 保険業界では: *クレーム処理や見積りの大量の活動には、たとえば、複数のソースからデータを収集し、その情報を会社のデータベースに入力することが含まれます。 RPAロボットを採用することで、作業は年中(24時間7日)中断することなく(必要に応じて)行うことができると同時に、エラーもなく一貫した方法でも完了します。 *税法、PCI標準、HIPAAのプライバシールールで要求される標準への準拠は、ロボットがエラーなく一貫した方法で作業を行うためだけでなく、トランザクションの100%をログに記録し、これらのログを定期的に監視できるためです。...

0
July 23, 2018
レガシーシステムの近代化には、関連する専門知識と明確なロードマップが必要
UiPath(ユーアイパス) テクニカル ブログ 日本語, 日本

レガシーシステムの近代化には、関連する専門知識と明確なロードマップが必要

レガシーシステムの近代化には、関連する専門知識と明確なロードマップが必要 はじめに、レガシーシステムが壊れていないのになぜそれを修正するのですか? それは常識的な質問です。 既存のレガシーソフトウェアがまだほとんどのタスクを実行することができるのに、 それを変更してリスクを取るか、またはそれを近代化するための時間、努力、お金を使う必要あるか? 答えはオポチュニティコストにあります。 オポチュニティコストは、オポチュニティ損失の費用、何も得られない時の費用です。 レガシーシステムから移動しないオポチュニティコスト •ビジネスオポチュニティの喪失:現代のハードウェアとソフトウェアは、非常に強力で、わずかな時間でタスクを実行します。 また、レガシーシステムでは不可能なことを実行します。例えば、何が起こっているかについての新しい洞察を生成するなどです。 時間を節約し、情報に基づいた意思決定を行うことで、かつてないほどのビジネスオポチュニティを活用できます。 •メンテナンスコストとリスク:レガシーシステムを維持するために必要な時間、労力、コストはかなり高いです。 そして、これらのヘビーコードモノリシックシステムは、ある場所で予期しない結果を引き起こす調整を行うと、誤動作の危険があります •サポートの欠如:熟練した人々は、より良いキャリアの見通しを提供する最新のシステムに移行しています。 重要なアップデートが必要な場合でも、高いレートでもサポート担当者を用意できない可能性があります。 また、古いシステムのため熟練した人材の獲得と活躍もできなくなる。 さまざまなアプローチ •レガシーシステムが機能しなくなった場合、または重大なセキュリティ上の脅威にさらされている場合は、レガシーシステムを完全に置き換えるために、最新のシステムを最初から構築する方がよい場合があります。 新しいシステムが信頼できると証明されるまで、2つのシステムを並行して実行することができます。 •レガシーシステムが合理的に機能している場合は、重大な混乱を避けながら、段階的に置き換えることができます。 しかし、これは、ビジネスプロセスの改善の可能性が活用されないことを意味する可能性があります。 新しいシステムは、同じ古いビジネスプロセスをサポートし続けるかもしれない 新システムの要件 •既存のシステムを詳細に調査して、その機能と関連する相互関係を特定する必要があります。 •現在の環境における妥当性と新技術によってもたらされる潜在的可能性に応じて、保持する機能と変更する機能を決定する。 現代のシステムの1つの特徴は、はるかに優れたユーザーインターフェース/ユーザーエクスペリエンス(UI / UX)です。より良いUI / UXは、生産性と作業品質を向上させることができます。近代化プロセス中にUI...

0
July 11, 2018
12thワンダーのロボティック.プロセス.オートメーションデリバリーフレームワーク
UiPath(ユーアイパス) テクニカル ブログ 日本語, 日本

12thワンダーのロボティック.プロセス.オートメーションデリバリーフレームワーク

12thワンダーのロボティック.プロセス.オートメーションデリバリーフレームワーク 効果的かつ効率的なソリューションの構築 企業には、業務効率を向上させ、従業員の生産性を高め、コストを管理するためのツールが数多く用意されています。 RPAは、適切に導入すれば明確なメリットをもたらすツールの1つです。 12thワンダーでの私たちの役割の1つは、企業がこのツールを最も効果的な方法で使用するのを支援することです。 効果があまり劇的ではないにもかかわらず、無視されたビジネス領域をハイライトすることもできます。しかし、 生産性向上とコスト削減に結びつく方向には進展しない。 人間の活動を自動化するプロセスでは、人々が割り当てられたタスクをどのように実行するかを詳細に理解する必要があります。 12thワンダーでのオートメーションの経験では、人間の活動を分析して候補者を自動化するプロセスが、現在のプロセスの実行方法の非効率性を明らかにする場合があることを認識されています。 これは、自動化の計画が進展している最中でも有益な副作用である可能性があります。 事業活動がRPAの恩恵を受けることができるかどうかを判断するのに役立つ以下の特性を特定します。 RPAはユーザーインターフェイスレベルで自動化されるため、IT組織が管理する既存のビジネスアプリケーションは変更されません。 したがって、RPAは、企業のITスタッフを関与させることなく、個々のプロジェクトや自己完結型部門の活動など、組織階層内ではるかに低いレベルで試作し導入することができます。 これは、RPAロボットの導入、管理、更新にITリソースを必要としないため、従業員の頭数を減らすことの節約額が引き続き発生するため、コスト削減につながります。 RPAによる小規模な成功の可視性は、組織全体に広がります。 RPAベースの自動化に最適なビジネスにおける人間の活動は、明確なルールベースの意思決定を伴い、予測可能な一連の手順に従うものです。 RPAロボットは、1つのことを一貫して正確に行うようにプログラムされており、一貫して正確に行います。 最大の利益のために、RPAが使用するビジネスアプリケーションへのインターフェイスは安定していなければなりません。 しかし、インタフェースが変更された場合でも、RPAベースのソリューションでは、はるかに深いレベルで統合されたソリューションと比較して、新しいインターフェイスに適応するためのコーディングが大幅に削減されます。   12thワンダーの4柱(TENS)フレームワーク   トランスフォーム ビジネスを推進するプロセスの特定、公開、再構築 エンパワー(Empower) デジタルワークフォースで職場を活性化 ノーマライズ 新しいマントラを自動化する 規模 クロスファンクション採用によるメリットの活用...

0
July 10, 2018
RPAは再び人間が熟練労働者になるように助けます!
UiPath(ユーアイパス) テクニカル ブログ 日本語, 日本

RPAは再び人間が熟練労働者になるように助けます!

RPAは再び人間が熟練労働者になるように助けます! 人間とロボット Robotic Process Automation(RPA)のロボットは、人間が熟練労働者になるのを助けています。 こういうロボットは、コンピュータによって誘導される機械的な手ではなく、反復的な事務業務を遂行するように訓練されているソフトウェアの一部である。より詳細にRPAを見る前に、工場のロボットを見てみると面白いでしょう。 以前の時代には、職人が意味のある仕事をしていました。 彼らは偉大な製品を生産するため高いスキルが必要でした、彼らは仕事に満足していて誇りに思っていました。 しかし、さまざまなタスクを伴う熟練した作業には時間がかかり、生産性は低かった。 市場投入までの時間 TaylorとScientific Managementによりシナリオは大きく変更されました。複雑なジョブはコンポーネントタスクに分割され、それぞれが簡単に実行可能となりました。各作業者は、一つの仕事に専念し、何度も何度も作業を繰り返し、一連の作業を順番に実行する作業員の連鎖で、作業を完成しました。人間の労働者は実際に退屈かつ反復的な仕事をしながらロボットのようになることを余儀なくされていました。 実際のロボットの登場で物事が再び変わり始めました。ロボット装置は、充填されたボトルにキャップを入れるなどの通常の作業を行うことができました。ヒューマン・ワーカーは、より意味のある作業に焦点を当て、ロボットのセットアップとタスクを実行後、必要な成果が得られていることを確認しました。 事務業務の事務所に来ると、会計と計算作業を引き継ぐコンピュータが見えます。アカウンティングソフトウェアは、人間のオペレータが入力したすべてのトランザクションデータを処理し、日刊帳、元帳、P&L勘定、およびバランスシートを実際に時間かけず、生成出来ます。 Excel(またはそれ以前のLotus 123)のようなツールは、複雑な計算をほぼ即座に実行し、驚くほど正確な結果を生成することができます。 市場環境の変化 情報技術(IT)部門は、過去に何が起こったのか、特定のシナリオでは何が起きる可能性があるのかについて、タイムリーな情報を提供することで、より良い意思決定を支援しました。 彼らはマネージャーに完全なサポートを提供するはずだった。 しかし、IT部門は他の目的にも取り組む必要がありました。 機密データへの不正アクセスを防ぐためにシステムを構成する必要がありました。 ますます複雑化するコンプライアンス要件が満たされ、それを保証する義務がありました。 これらの追加の要件はすべて、ビジネス結果のサポートに完全に集中することを妨げていました。 一方で、市場や職場環境の変化する状況は、既存のシステムに変更を加える必要がありました。 システムの変更を頻繁に行う必要があり、部門がすでに複数のタスクに圧倒されていたため、IT部門は出席できませんでした。 代わりに、システムによって実行されたバックオフィスタスクの多くを実行するために人々が雇われました。 これらのタスクは、反復的で退屈な作業であり、人間よりも、判断を下して個人的なやり取りを行う独自の能力を持つロボットに向いていました。   RPAが大きな影響を与えているのはここです。 RPAを実装することは、システムや人の働き方に大きな変化をもたらすほど破壊的ではありません。...

0
July 06, 2018
UipathでDictionaryの使用方法
UiPath(ユーアイパス) テクニカル ブログ 日本語, 日本

UipathでDictionaryの使用方法

UipathでDictionaryの使用方法   特徴: UiPathでのキーと値のペアを管理する連想配列を使用する場合、は「Dictionary」のActivity を使用します。今回は「Dictionary」の基本的な使い方を紹介したいと思います。   宣言と初期化   使う前に以下をインポートされていることを確認します。   System.Collections.Generic; // ← 必須   連想配列の宣言方法は以下の通りです。   Dict = new Dictionary(Of String, string)     値の追加・削除 // 値の追加:キーと値の指定 Key: “111”...

0
July 06, 2018
Uipathでファイルをzipする方法
UiPath(ユーアイパス) テクニカル ブログ 日本語, 日本

Uipathでファイルをzipする方法

Uipathでファイルをzipする方法       STEP1.元々あるファイルの場所を選択します。 STEP2.ZIPファイル作る場所を選択します。 STEP3.フォルダからファイルを取得する   STEP4.ファイルをZIPするため ZipFile.Open(zipPath, ZipArchiveMode.Create) 関数を関数を使用します。 STEP5.フォルダから取得した各ファイルをループで処理します。 12th WonderがRPAからビジネス価値を引き出すのに役立ちます。 私たちは顧客と以下のように協力します、 作業プロセスを理解し、ビジネス結果を提供するために自動化できるものを特定する 特定の環境で選択されたプロセスに最適なRPAプラットフォームを選択する 選択したプロセスを自動化するだけではなく、セキュリティの問題を解決することも考慮する RPAソリューションのビジネス成果を継続的維持するためのスタッフのトレーニングとサポート成 Uipathのライセンスと開発はこちらまでお問い合わせください 電話番号 お問い合わせ 03-6300-0370 お問い合わせフォーム

0
July 06, 2018
Uipath Monitor eventsの使用方法
UiPath(ユーアイパス) テクニカル ブログ 日本語, 日本

Uipath Monitor eventsの使用方法

Uipath Monitor eventsの使用方法   特徴: ・Trigger系アクティビティ、つまりマウスクリックやキー押下などの人間の動作がアクションのトリガーになる。 ・複数のTriggerのうち、1つでもクリアしたら発動。ただし発動するアクションはどのTriggerでも共通 ・条件の監視に戻る=エンドレスに繰り返し ※オプションで、1回の発動で終了するように変更可能 Monitor Eventsの解説   実例: 以下どちらかの顔をクリック(Click Image Trigger)すると メッセージ表示するワークフローを作ります。       画像をクリックまたは、ファイルなを変更  メッセージを表示  12th WonderがRPAからビジネス価値を引き出すのに役立ちます。 私たちは顧客と以下のように協力します、 作業プロセスを理解し、ビジネス結果を提供するために自動化できるものを特定する 特定の環境で選択されたプロセスに最適なRPAプラットフォームを選択する 選択したプロセスを自動化するだけではなく、セキュリティの問題を解決することも考慮する RPAソリューションのビジネス成果を継続的維持するためのスタッフのトレーニングとサポート成 Uipathのライセンスと開発はこちらまでお問い合わせください 電話番号 お問い合わせ...

0
July 02, 2018
UiPathによる複数のExcelファイルの処理方法
UiPath(ユーアイパス) テクニカル ブログ 日本語, 日本

UiPathによる複数のExcelファイルの処理方法

UiPathによる複数のExcelファイルの処理方法 そこで今回は前回の記事で予告した通り、機能拡張の一環として、複数の経費申請Excelファイルを一度のプログラム実行でまとめて対応する方法を紹介したいと思います。 プログラム実行でまとめて対応する方法を紹介したいと思います。 事前準備 さて、複数のExcelファイルの処理を行う前に、2点ほど事前準備を行っておきましょう。 ①Excelファイルが3つ入ったフォルダが生成 ②現在の日付を考慮し,Excelのパスを設定する 複数Excel処理の追加 処理手順の具体化 まずは処理を追加するに先立ち、どういった処理を追加すれば複数ファイルの内容を読み込んでアプリケーションに登録できるのか、その手順を確認しておきましょう。 まずは「申請書」フォルダ内を見てみて、ファイル名の一覧を取得する必要があります。それができたら、この一覧から1つずつファイル名を取り出し、該当するファイルに対して既に作成してある「Excelファイルのデータコピー」と「Appへの登録処理」を繰り返せば良さそうですね。 この2つの処理について、順を追って説明します。 ファイル名一覧の取得 特定のフォルダに入っているファイル名の一覧を取得するためには、ファイル名の一覧を入れるVariableを作成した上で、「Directory.GetFiles」という関数により一覧情報を取得し、Variableに入れる必要があります。 実際にやってみましょう。 まずはVariableへ値を入れるために「Assign」というActivityを追加します。ActivitiesペインからAssignを検索し、任意の場所にドラッグ&ドロップして下さい。 Assign Activityには2つの欄があります。左側の欄にはVariable名を、右側の欄にはそのVariableに入れる値を指定します。 まずは左側のボックスに入れるためのVariableを作成しましょう。 Variablesペインを開き、「Create Variable」をクリックします。 Name列には、適当なVariable名を入力します。ここではfileListという名称にしておきます。 次にVariable type列ですが、ここでは「配列」というものを利用します。「配列」とは同じ種類の型の値を複数持つVariable typeです。例えば、「String型の配列」といった場合には、String型の値が複数格納されたVariableを意味します。今回、1つのファイル名を1つのString型として扱い、それを複数保存するわけですから、配列を用いるのが効率的というわけです。 配列の設定方法ですが、追加したVariableのVariable type列をクリックし、その中から「Array of [T] 」を選択します。...

0
June 14, 2018
Page 1 of 3123